老眼

老眼について

近視や遠視などと違い、誰しもが避けて通ることの出来ないものが老眼です。老眼とはそのままズバリ、目の老化現象です。

年齢とともに調整力が衰え、水晶体の弾力が失われていくことを言います。これにより、近くのものに焦点を合わせづらくなります。症状として認識してくるのは年齢を重ねた後ですが、子供の頃からどんどん老化していっています。

早い人なら30代ぐらいから衰えを感じ始めます。普段パソコンや携帯などで近くをよく見る人、目を酷使する人、疲れ目になりやすい人などは老化が早いと言われています。一般的には30cm前後が見えにくくなると、老眼だと診断されます。

他にも、ずっと近くを見続けた後、即座に遠くに視点が合わない、暗い場所で物が見づらくなるなどという症状も起こってきます。老眼は回復することはありませんので、眼鏡などによって補正する必要が出てきます。近くのものを見るときにだけ、ルーペや老眼鏡を使う人が多いでしょう。

近視の人であれば、お使いの眼鏡の度数を落とすという対策もあります。また、遠近両用メガネを使っている人もいるでしょう。遠近両用メガネは、レンズの下部の真ん中が老眼鏡になっているもので、慣れない間は足元を見るときなどについ老眼鏡部分に視線が行ってしまい、転倒する人もいますので気をつけましょう。